スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚月組トップ

宝塚月組トップ出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

瀬奈 じゅん(せな じゅん、4月1日 - )は東京都杉並区出身の宝塚歌劇団月組トップ男役。血液型AB型。愛称は「あさこ(本名から)」。


[編集] 略歴
3歳のとき車のタイヤと接触してアキレス腱を断裂。治癒した際、医師から再発予防のために運動をすすめられ、母親がバレエ好きだったことから幼稚園の年中組よりバレエを始める。
元月組副組長の有明淳が母親の高校時代の同級生だったため、小学生のころから月組公演だけはよく観劇していた。
バレエに打ち込んでいた中学生の時、背が伸びすぎたためバレエを断念。しかしダンス続行の意志は固く、所属教室の宝塚受験クラスに教室サイドの反対を押し切って転属し、1990年に宝塚音楽学校へ入学を果たす。
1992年、78期生として宝塚歌劇団に入団。『この恋は雲の涯まで』で初舞台。同期には、元星組娘役トップで女優の檀れい、月組の大空祐飛、元宙組トップ男役の貴城けい、劇団四季の大平敦子(旧芸名・千紘れいか)などがいる。翌年、花組に配属。
1998年『SPEAK EASY』で新人公演初主演。
2001年『マノン』でバウホール公演初主演。
同年匠ひびきの花組トップスター昇格の際、花組男役3番手となる。2002年4月、日生劇場公演『風と共に去りぬ』では、スカーレット・オハラを演じ初の女役をつとめる。一方で5月「琥珀色の雨にぬれて」東京公演にて、匠が病気で休演したことにより、準主役・ルイを演じる。
匠退団後は、後継トップの春野寿美礼に次ぐ2番手となる。8月博多座公演「あかねさす紫の花」では大海人皇子を演じ、10月「エリザベート」ではルキーニ役。
2004年、90周年特別企画の一環として、月組『飛鳥夕映え/タカラヅカ絢爛2―灼熱のカリビアンナイト―』に特別出演。12月16日に月組次期トップスターに内定、12月17日付けで月組に組替えとなる。
2005年には、月組で再演となった自身2度目の『エリザベート』でエリザベート役を演じ、再びの女役。
2005年7月、宝塚大劇場でのトップお披露目に先立って、大阪梅田芸術劇場『Ernest in Love』で、月組トップスターとして初主演を飾る。この公演から、相手役(月組トップ娘役)として、かつて花組で共演した彩乃かなみを迎える。
2005年10月、「JAZZYな妖精たち」で本拠地お披露目を果たす。
2006年、中日劇場「あかねさす紫の花」「REVUE OF DREAMS」二度目の大海人皇子をさらに心情深く表現。
2006年3月、雪組「ベルサイユのばら」アンドレ役で特別出演。
2006年、「暁のローマ」「レ・ビジュー・ブリアン」ブルータスを演じる。
2006年、全国ツアー「あかねさす紫の花」「レ・ビジュー・ブリアン」大海人皇子を演じた。
2007年、「パリの空よりも高く」「ファンシーダンス」出演。ペテン師のアルマンド・ジャッケを演じた。1月19日に写真集「Viento espanol」を発売。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

スポンサードリンク

ご挨拶(^^)
人気ブログランキングに参加しています
ようこそお越しくださいました(^^) コメント・TB リンク大歓迎ですが関係ないコメント・TBは削除させて頂きます。ご了承くださいませ。
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。